読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M'sライフハック

人生をちょっと豊かにする情報をお届け

ホリエモンとひろゆきの違いについて

f:id:masaems:20170331221159j:plain

 

最近ユーチューブでホリエモンチャンネルを見ていたことで、ユーチューブのトップがホリエモンこと堀江貴文さんと、元2ちゃんねる管理人ひろゆきさんの動画で埋め尽くされています。

 

そんな状況もあって、いろいろと動画を見ていたのですが、僕が2人の”違い”について思ったことがあり、書きたいと思いました。

 

というのも僕自身、テレビで多少見ていたくらいなので、2人のことをあまり知らなかったこともあって、イメージとして似たような人だと思っていました。

2人のイメージは、

 

ビジネスが上手、合理的、論理的、マイペース、礼儀や服装を気にしない

 

といった感じ。

 

しかし、いろいろと見ていると、お二人にも大きな違いがあることが、だんだんわかってきました。

 

ちなみに、ひろゆきさんは堀江さんについて「理想主義者」と言っており、

ひろゆきさんの周りの人は、ひろゆきさんを「現実主義者」だと言っていました。

たしかに堀江さんがライブドア当時にやっていたことは、理想主義者にしかできないことだったように思い納得できました。

 

そして僕が思った2人の違いというのが、

 

「合理的なプロセスを追求する堀江さんと、合理的にゴールを達成しようとするひろゆきさん」

 

ということです。

 

それが一番わかりやすかったのが、橋下徹元大阪府知事の討論番組で堀江さんが遅刻して来た時のこと。その時に堀江さんは元々番組には遅れて来る予定だったので、謝る必要はないと、何事もなく着席。それに対して周囲が謝れと総ツッコミになりました。

その時にひろゆきさんは「自分だったら謝れば済むから謝る」というようなこと苦笑いしながら言っていました。しかし堀江さんは考えを変えることはなかったという場面です。

 

世の中では、非合理的なことをすることが、かえってゴールに合理的に辿り着けるということがよくあります。

ひろゆきさんの言うように、理由がないけど謝るという非合理的な行為をすれば、ゴール(その件を流して本題に移る)に楽に辿り着くことができるわけです。

 

しかし堀江さんはそれをしません。理由がなければ謝る必要はないという合理的なプロセスを貫こうとしました。

 

こういった考えには、いろいろと理由があると思います。傲慢さや、しくじり先生で言っていた「世の中をなめていた」的なこと。それ以外にも「こういうプロセスにした方がみんなが楽」という利他的な考えもあったのかもしれません。

 

そう考えると、どちらが正しいのかは一概には言えないところなのですが、堀江さんがライブドア当時につまづいた理由は、要はこの考えにあったのだろうと思うわけです。

 

もっと合理的にゴール(野球チームを持つこと、ニッポン放送買収)を達成することを考えていれば、ゴールを達成することができたのではないかと。

日本の偉い人たちに嫌われ、潰されることなくゴールを達成したのではないかということです。

 

そして堀江さんが成功していたら今頃どうなっていたのかと妄想がふくらみました。もっと大きなゴールを成し遂げて日本を代表する巨大な企業になっていたかもしれないし、堀江さんが今も取り組んでいる宇宙事業にも、もっと大きなお金をつぎ込んで、大きな成果を出していたかもしれない。

日本のイーロン・マスクみたいな存在になっていたかもしれないなぁと・・

 

堀江さんのファンというわけでもないですが、何をやってくれるのかと思わせる面白さがありますし、日本にはそういう経営者が必要だと思います(少なくとも一人ぐらいいていい)。

 

当時はなぜ逮捕されたのかもわかっていない程無関心でしたが、今思えば、本当にもったいない事だったんだなと思っていました。。