M'sライフハック

ライフハック系を中心とした雑記ブログ

語学留学で確実に英語力をつけるためのヒント

f:id:masaems:20170328012115j:plain

 

外国に行けば自然に英語が上手くなると思っている人もいますが、そんなことは決してありません。外国に行っても日本人ばかりとつるんでたり、モチベーションがガタ落ちしたりするなど、語学留学で失敗(英語が話せないまま終わる)する人はたくさんいます。

しかし会社の中で語学留学経験があると言ったら、周りからもある程度の英語力が期待されますし、大金を使って海外まで行っているわけですから、全然英語力がつかなかったでは終われません。

 

僕自身、1年間語学留学に行った経験があるので、ここでは、その経験から語学留学で英語力を向上させるためにやってみて良かったと思ったことや、周りの失敗、成功例から学んだこと、今更ながらこうすれば良かったと思うことから語学留学で確実に英語力をつける方法をまとめてみました。

  

 

行く前から勉強はする

既にある程度の英語ができる人は別ですが、現地に行ってから集中して勉強しようという考えの人もいると思います。

しかし行く前からちゃんと勉強しておくことは重要です。

日本にいても英語の勉強は出来ます。隙間時間の勉強でも、出来る範囲で上達させておくことです。

語学学校では入学テストのようなものがあり、レベルに応じて、クラスが分けられます。初級クラスに入ってしまって、「How are you?」から習っていたのではあまりに勿体無い。語学留学は限られた時間しかないので、スタート地点は前からの方が絶対良いです。

せめて中学、高校の英語の復習や、英語に慣れるためのリスニングをしておく事が良いと思います。

 

学校で話すことを準備する

日本人は読み書きが出来るけど、聞き取りや特に話すことが出来ないという傾向があります。

最初から英語がスラスラ出てこないのは当たり前なので、最初は文章を頭の中で準備して話すという段階になりますが、その時に、自分が知っていることだけで文を作ろうとすると、語彙力が乏しいままだったり、長い話が出来なかったりしてしまい、これではあまり話す力が成長しません。

もちろん知っている単語で、考えを伝える力も大事ですが、事前に話しを準備しておくのも良い方法です。

英語学校では「この後は何をするの?」「週末は何をするの?」「週末はどうだった?」といった世間話をする機会がよくあります。

「特に何も」などとは言わず、なんでもいいので、いろんな話を準備して話してみましょう。もちろんクラスメイトの外国人の友達でも良いです。

こうすることで「これってこんな風に言うのか」といった感じで語彙力が広がりますし、自分が話した言葉や文章は頭に残りやすいというメリットもあります。

そしてこういうことを続けて行くと、考える前に言葉が出るようになってきます。

 

現地の人と話す

実際に留学して意外だったのが、「現地の人とほとんど話す機会がない・・・」ということです。

語学学校に通っていると当然そのクラスメイトと仲良くなり、中国人や韓国人といったネイティブではない外国人とつるむことが多くなります。ネイティブではない外国人と話すもいいのですが、それだけでは十分とは言えません。

英語力をつけるにはネイティブの使う単語や話すスピードに慣れたり、ネイティブに伝わる英語を話す必要があります。

語学学校の先生は、かなり分かりやすい言葉で話していたり、外国人の英語を聞き慣れていて、下手でも通じてしまうというところがあるので、リアルな英会話を体験することは重要です。

下手をすると「まともにネイティブの人と話したのは先生だけだった」なんてことにもなりかねないので、意識して現地の人と話すようにしましょう。

そのための方法

スーパーやお店で話しかける

「〜どこにありますか?」とか「〜ください」など、別に話かける必要がなくても積極的に話しかけましょう、うざがられる時もあるかもしれませんが、フレンドリーでいろいろ話してくれる人もいます。

道を聞いてみる

知らない土地なので、聞く機会は頻繁にあると思います。道案内の時に使う言葉も学べます。

勧誘の話を聞く

街中で宗教や環境保護団体の勧誘の人が立っていることがあります。彼らは勧誘するのが仕事なので、どんどん話しかけて来ますし、いろいろ質問をすれば丁寧に答えてくれます。

注:断れない性格の人はやめた方が良いです。

暇そうな人に話しかけてみる

勇気があれば、こんな方法もあります。ベンチでぼーっとしている人なんかに話しかけてみると、意外と向こうも喜んで話してくれることがあります。 

ネットで知り合う

語学エクスチェンジというものがあります。日本語を勉強している英語ネイティブと英語を勉強している日本人が、お互いに言葉を教えあうといったものです。そのためのマッチングをしてくれるサイトがあり、日本語を勉強している現地の人と出会うことができます。

注:どんな人かわからないので、特に女性の場合は注意が必要です。複数人で会う、人がいるところでしか会わないなど、対策をとりましょう。

 

英語の試験を受けよう

 語学学校にしばらく通っていると、マンネリ化する時が来ます。授業の緊張感もなくなり英語を学ぶモチベーションが落ちて、伸び悩む時期があります。

そんな時は英語の試験を受けてみるのがオススメです。特に現地で一般的なテスト、イギリス圏ならIELTS、アメリカならTOEFLなどです。

これらの良いところは、「読み、書き、話す、聞く」全ての要素がテストされ、しかも小手先のテクニックが通用しにくい実践的な英語力が試されるようになっているところです。

なので、”このテストで高得点が取れる=実際に英語を使える”

ということになります。

こういったテストを受けるための勉強をしたり、その対策コースに入ったりすると、目標が数値で明確に出ますし、試験の緊張感もあり、勉強に身が入ります。

 

 

以上が僕の考える語学留学で失敗しない(英語力を身につける)方法です。

もちろん語学留学では勉強以外にも、いろんな経験をしたり、友達を作ったりすることも大切です。一概に

 英語が上手にならなかった=失敗

というわけでもありません。でもやっぱり、せっかくお金と時間をかけて行くのですから、英語力は成長させておきたいですね。

よかったら参考にしてみてください。