M'sライフハック

ライフハック系を中心とした雑記ブログ

新入社員が周りに認められるための方法は小学校で既に教わっている

 

f:id:masaems:20170328213755j:plain

 

てるみくらぶの新入社員の内定取り消しの話は本当に酷いですね。入社まで後数日というところで全員取り消しなんて、本当に入社予定だった方々が不憫でなりません。

 

そのニュースで思い出しましたが、もうすぐ新入社員が入ってくる時期でしたね。

新たに社会人となる方は、ドキドキしながら、またはついにこの時が来たかと絶望しながら、その日を待っている状態だと想像します。

 

10年ほど前になりますが、僕は社会人になるにあたってこんなことを思っていました。

 

社会人になったら周りに認められるために、仕事で大きな成果を出さないといけない!

 

と。。もちろん成果を出すのは大事な事ですが、新人にはこんなこと無理です。。

 

少なくとも数年は無理。そもそも新人にそんな大きな仕事は任せてもらえません。

もちろん特定の職種や一部の才能溢れる方々にはできるかもしれませんが、僕のような凡人にはできません。

ほとんどの新入社員に求められるのは、せいぜい仕事を早く覚えて戦力になることです。

 

そんな誇大妄想に気づき、僕が新入社員として周りに認められるために、地に足のついた方向へ軌道修正を図る中で思ったのが、タイトルのとおり、自分がやるべきことは小学校で先生に言われていたような事だったということです。

そこで大半の一般的な新入社員の方々のために最低限やることを、一つ一つ小学校の先生風に紹介したいと思います。

 

挨拶をきちんとしましょう

基本です。最近はあいさつが出来ない人が多いと思われているため、余計にこういう部分がちゃんと出来ているのかチェックされると思われます。

やりすぎても特に問題ないので、これでもかというくらいやりましょう。

宿題を忘れないようにしましょう

宿題と呼ばれるものはありませんが、期限内に仕事を仕上げるというのは似たようなものです。期限通りに仕事ができるかどうかはその人の信用にかかわります。もちろん能力的に期限内の達成が無理な場合もありますが、そんな時は期限を遅らしてもらうなどすることもできます。いずれにしてもこの期限というものを大事にする姿勢は重要です。

見直しをしましょう

学生時代でもテストでの小さなミスが大きな結果の違いを生むことがありますが、会社でも同じです。しばしば取り返しのつかない事態になることもあります。

そんな自体にならなくとも、小さなミスで仕事に対する集中力ややる気がないと思われることもあるので注意が必要です。

先生の言うことをよく聞きましょう

当たり前ですね。先輩の方々の話はちゃんと聞く方が良いです。

会社では先生は一人ではありません、たまに先生によって違うことを言うことがありますが、その時は偉い先生の方の言うことを聞いとくことが無難です。

遅刻しないようにしましょう

仕事の期限もそうですが、社会人にとっては時間を守ることはとても重要です。会社に来る時間もそうですが、打ち合わせなどの細かい事についてもしっかり守るようにしましょう。

忘れ物をしないようにしましょう

仕事に必要な物を忘れたりするっていうのは周りの評価に結構影響します。また言われたことをしっかりメモをとるなどして、言われた事を忘れないことも重要です。仕事を学ぼうとする姿勢が一番出る部分です。それに言ったことを何度も聞かれるのは先輩も嫌です。逆にちゃんと覚えていると好感度もアップ。

約束を守りましょう

時間などもそうですが、社内には細かい事も含めていろんな決まりごとがあります。日報や週報を出すといったルールはしっかり守ることが懸命です。

わからないことは先生に聞きましょう

ここまで周りの評価を上げることを書いて来ましたが、こうやって周りの評価を気にすると、わからないことを聞きにくくなる時もあります。ですが業務をこなす事が会社での目的です。評価を気にして業務が進まないのでは本末転倒なので、ちゃんと聞きましょう。

 

 

こんな感じでしょうか。こうやってみると、学生時代って良い社会人になるための準備期間なんだなとしみじみ思いますね。。

ではみなさんさようなら