M'sライフハック

人生をちょっと豊かにする情報をお届け

手書き?タイプ?大人の勉強ノート術はベストな方法は

学生時代は手書きノート一択でしたが、最近はいろんなノートアプリもあって、いかに勉強した情報を保存、整理していくかに迷います。

そこで今回はどんな方法が一番いいのか考えて見たいと思います。

大きく分けると選択肢は「手書き」「デジタル(タイピング)」「デジタル(手書き)」に分かれます。 まずそれらのメリット、デメリットを挙げてみたいと思います。

手書きのメリット

  • 場所、場面を選ばず書ける。
  • 自由に書ける
  • 速く書ける
  • 頭に残りやすい

手書きのデメッリト

  • 字が汚いと後で読めない
  • 後で読みたいところを探すのに時間がかかる
  • 人に見られる可能性が高い

デジタル(タイピング)のメリット

  • 字がきれいに書けるので後で読みやすい
  • ネットの文をコピペできる
  • 検索ができるので、読みたいところを探すのに便利
  • 人に見られる可能性が低い

デジタル(タイピング)のデメリット

  • デジタル機器をいつも持ち歩かないといけない(スマホ以外の場合)
  • タイピングが得意でないと書くのが遅い
  • 手書きに比べると自由度がない

デジタル(手書き)のメリット

  • 字が汚いと後で読めない
  • 慣れると表現豊かに書ける
  • 人に見られる可能性が低い

デジタル(手書き)のデメリット

  • 字が汚いと後で読めない
  • 後で読みたいところを探すのに時間がかかる

といった感じでしょうか。比較すると

入力

手書き>デジタル(タイピング)=デジタル(手書き)

編集

デジタル(タイピング)>>>デジタル(手書き)>手書き

管理・読み返し

デジタル(タイピング)>>>デジタル(手書き)>手書き

個人差がありますが、こんなところでしょうか。

私の結論

勉強における復習の重要性を考慮するとやはりデジタル機器に保存するのがベストだと思います。自分が字が汚いというのもありますが、ググった情報をそのまま保存するのは勉強の効率化には絶対必要ですね。 とくにEVERNOTEなどのクラウドサービスであれば、PCで書いたものをスマホでも見れたりと、復習、読み返しに超便利です。

しかし手書きの自由度などの効率的な入力は捨てられないところです。手書きアプリも何度か挑戦しましたが、やっぱ紙でいいという結論になりました。 ということで、今は手書きのメモを写真に撮って保存するというような方法をとっています。 スマホがあると写真を撮って保存なんてことが簡単に出来ちゃうのでいいね。タグをつけておくと検索も便利です。 そういった機能がそろっているという意味でもEVERNOTEはおすすめです。